×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ゴルフキッズ 育成

最近テレビや雑誌で紹介される宮里藍プロや横峯さくらプロの親子二人三脚の姿が印象的だが、ジュニアゴルフへの関心は高まりを見せゴルフ界の低年齢化も話題となっています。事実、ジュニアゴルファーも増加傾向にあるといいます。世間を騒がせ続けている、若干15歳8ヶ月という若さのハニカミ王子こと石川遼選手のツアー優勝により、今後ますますジュニアゴルファーのが増えてくるのではないでしょうか。最近では業界内でもゴルフ場、練習場などでジュニア料金を設定している施設も増えており、時代を担うゴルフキッズを育てようという動きも高まっており、ジュニアゴルファーに対する環境も改善してきているようです。そんな中、ゴルフキッズ達がゴルフを始める上で特に頭を痛めるのが、ジュニア用ゴルフクラブです。大変残念なことに市販のジュニア用ゴルフクラブはとても貧弱なものが多いが一番大事なポイントは自分にあった長さを選ぶこと!一番長いクラブでも地面からひじの高さくらいに留めるのが理想だとか。長ければ扱いづらくなり、正しいスイングが身につきにくくなります。飛距離が出るメリットがあるのですが、当然扱いづらくなるので、クラブに振られるようなスイングを身につける結果となってしまいます。ゴルフは最初がとても肝心なのです。

スポンサード リンク

ゴルフキッズ ゴルフ用品

ゴルフキッズのニーズの高まりを背景に、昨年から今年にかけて、大手のメーカー(ダンロップのスリクソンジュニアや、ミズノのジュニアモデル)から相次いでジュニア用のゴルフクラブが発売された。などがそれにあたります。クラブの大きな特徴は、大人用クラブのデザインや性能を生かしつつ、あくまでジュニアゴルファー専用設計されていること。特に長さや重さを考慮し、ロフト角などは子どもの力でも扱いやすいように、またボールがより遠くに飛ぶように工夫されています。番手も必要な数量にとどめ、番手間の違いがはっきり出せるようなつくりになっています。キャロウェイを除く各モデルでは、子供の成長に合わせ、2〜3種類のセットを用意しており、年齢別で大きさの違うクラブが用意されています。できれば成長に応じて、段階的にクラブを新調するのが理想ですね。道具選びは最も肝心な部分です。よく聞くところに父親の重いクラブを使い、操れずすぐに飽きてしまったり、また大人のクラブではスイングも上手に出来ません。ゴルフは家族で生涯楽しめるスポーツですので道具選びは慎重にしてあげて欲しいものです。

ゴルフキッズ スナッグゴルフ

スナッグゴルフはアメリカのプロが開発し、現在では世界各国の教育機関・自治体・ゴルフ協会などで採用されている。スナッグは、初心者にとってゴルフを学ぶための「ゴルフの入り口」となるでしょう! ... 年齢やレベルを問わないスポーツとして、スナッグはゴルフキッズや初心者がゴルフの楽しさを経験するのに最適なスポーツです。スナッグはゴルフの基礎的な要素を全て持ち合わせている為、ルールはとてもわかりやすく、室内、屋外に限らず充分な広い場所がなくてもおおいに楽しめるスポーツです。スナッグの用具やプログラムには、ゴルフの基本であるフルショット・ピッチショット・チップショット・パッティングそして“コースプレイ”を楽しく、正確に習得するために、様々な工夫が されています。また、プレイや練習を通してゴルフの「マナーやエチケット」を学ぶことができます。 スナッグは、ゴルフキッズや初心者にとってゴルフを学ぶための「ゴルフの入り口」となることでしょう!!

Copyright © 2008 ゴルフキッズ